出伝寝太鼓

大宇宙で画面見る奴は魔騎士

学祭振り返り的な

学祭にいらっしゃった皆様本当にありがとうございました。

 

参加したサークル員のみんなお疲れ様でした。

月曜日の片付け13時間睡眠で寝ぶっちして本当にすいませんでした。

 

代表を努めた最初で最後の学祭を振り返ろうと思います。

来年にも活きれば嬉しいです(老害並感)

 

 

<大会>

一般大会参加者がPTCを除いて20人もいらっしゃってくださいました。個人的にはサークル垢の定期登録が強かったのではないかと思います(自画自賛)。宣伝しまくってて良かったです。

ミズィ君が直前でルール変更してくれたのも大きかったと思います。僕の中での考えとしてはORASのレートがマーク付きということでカロスマークシングルで考えていました。サークル員のフォルテとタクティがオフで実績を出してくれてトリプル勢の方も参加しやすいだろうということで考えていたのですが、マーク付きの構築だと当日の参加者が大幅に減ってしまう可能性があるリスクを考えていませんでした。当日の大会のサポートもしてくれて、とても助かったので彼には感謝してもしきれないです。

<大画面>

PTC初のスクリーンをフルに使うことができましたね。セイヨさんの協力でポケコロを使うことができました。僕の中では”手ぶらで遊びに来ても楽しめる”ということを結構考えていたのでポケモンを知らなくても遊べるのは大きかったと思います。

逆にサークル員が占領してしまっている状況が多かったのもありましたね…みんなが楽しめるのは最高ですが、お客さんを放置プレイは絶対ないようにしましょう…

偽トロを大画面で映せたのですが今一有効に扱えなかった印象がありました。対戦をたれ流しにしても全く問題はないと思うのですがなくてもいいんじゃね?というのが本音でだというところはありました。ポケスタみたいにお客さんに遊んで頂けるポケモンのゲームでも良かった気もしますね。スクリーンに映すということは誰かがそれを見なければ意味をなしません。対戦勢の人はジム戦をしている場合はスクリーンを見ている可能性が低いのでそこも考慮するべきだったのかもしれません。大画面は”誰が見るのか”を意識するべきだったのかもしれません。

<ぬり絵>

今年も好評でしたね。妖怪ウォッチのぬり絵は正直アウトだろ^^;と思っていましたが、ポケモンよりも人気で時代の流れを痛感しました。塗った絵を持ち帰ってもいいようにしたのは良かったのではないでしょうか(勝手に持って帰ってたかは知りませんが)。ただ、ぬり絵コーナーに他の人が塗った絵がないというのも寂しい感じがしたのでやはり展示した方がいいのかもしれませんね…難しいところですね。

<ジム戦>

やはり多くの人が挑戦してくれましたね。偽トロがあったので大画面でも映せるようになってはいましたが、今一使いこなせている感じがしませんでしたね…偽トロの活用も来年に当たっての課題になると思います。

 

今年は他の学祭に足を運んだサークル員が多くいてくれたので参考にする点が多くて去年よりも大きく改善されたと思います。

来年も一緒に頑張りましょう。僕がまだいればの話ですが